つらかった1年間をすごしたあなたへ。
楽しい学級をつくるにはコツがあるのです。
customLogo.png TOSS教え方セミナーin横浜
あなたのまちで「教え方」について学べます。
わがまち.jpg
わがまち教え方セミナー

2011年10月25日

10月19日(水)例会報告


10月19日(水)18:00〜21:00労働プラザ
参加者(敬称略) 計12人渡辺喜男、小松眞、佐々木誠、村田淳、森本麻美、清水康弘、大石哲久、田丸義明、今井将義、水本和希(大学2年生)、木挽[こびき](見学者)、中宿久恵

1.中宿久恵
検定で行う予定の授業「きへんのつく漢字」
・導入と落とし方の代案を出していただきました。

2.大石哲久
小野先生講座の検討
「こんでいるのはどっちかな?」
・1頁目の挿し絵をどのように扱うか、配慮という視点で考えなくてはいけないことを学びました。

3.水本和希
西日本インカレで杉谷先生が提案された授業を追試
「ふるさとの木の葉の駅」
・セミナーで見たものをすぐ追試する姿勢に気概を感じました。自分も学ぶべき姿勢です。

4.田丸義明
検定の指導案
・どのように授業をするのか、見たいテーマです。

5.清水康弘
小野先生講座の検討
・小野先生に聞きたいことが出ました。

6.森本麻美(レポート)
はまキッズわくわく講座について

7.田丸義明(レポート)
10月16日岡山インターネット会議懇親会での学び
・論文を読み疑問になったことを懇親会で聞くことが学びを深めることを知りました。

8.森本麻美(原稿)
写して学ぶ直写シートおてほんくん

9.小松眞
5年次研修会での研究協議の資料(3名の先生からの協議)
心理療法士を目指す大学生へ講義した際の資料
 鉄腕アトムティーチャー という小松先生が考えられたワードのお話が私にとって新しい視点でした。
初任研、教育実習での資料
 今までお話された内容を集めた資料を参加者にくださいました。
・とっても貴重な資料とお話でした。

10.佐々木誠
実践報告
・佐々木先生の暖かな指導の様子が伺える報告でした。

11.渡辺喜男
社会科研究授業
テーマは「平和教育」(横浜大空襲)
・難しいテーマですが、こういうテーマだからこそ、事実をきちんとおさえなくてはいけないと感じました。子どもの国に平和を祈る石碑があることを初めて知りました。

以上、例会報告です。
01:00 | 編集

2011年10月16日

【秋のTOSSデー実施報告】

秋のTOSSデーが盛会のうちに終えました。
参加してくださった先生方には、
感謝の気持ちでいっぱいです。


以下ご報告いたします。

参加者15名、スタッフ23名
合計38名

1 日時 10月14日(金) 19時〜21時 (18時30分 受付開始)

2 場所 技能文化会館
JR 関内駅 南口から徒歩5分
地下鉄 伊勢佐木町長者町 出口2 から徒歩3分
http://gibun.jp/gibun/index.html

3 講座内容
@ アイスブレーキング
「笑い」と「研究」がTOSS横浜のテーマです。
アイスブレイク!!

A TOSS横浜メンバーの授業・学級紹介!!
思わずワクワク!!
思わず良いなぁ!!
思わず憧れる!!
そんな実践を紹介します。

B 11・12月の教材はこう授業する!学年別模擬授業
1年 2年 3年 個別
この教材、どうやって授業するの?
ヒントをお伝えします。パート1。

〜休憩&告知(15分)〜

C 学年別模擬授業
4年 5年 6年
この教材、どうやって授業するの?
ヒントをお伝えします。パート2。

D TOSS横浜代表講座 〜後期の学級経営〜
サークル員も楽しみにしている、TOSS横浜代表による講座です。
乞ご期待!!

E ズバリ答えます!QA講座
春のTOSSデー以来のQA講座です。

4 参加者の感想(一部抜粋)

@
本当に楽しい内容ばかりでした。
たくさんの技術があり、素晴らしすぎます。
私も、もっと勉強しないと・・・と思いました。

A
模擬授業がたくさん見られて参考になりました。
こんな授業なら受けていて、楽しいだろうなぁ
と思います。
教科のことだけでなく、学級経営の仕方で、
色々と勉強になりました。

B
どの講座もスピード感がありました。
村田先生の虫をやってみたいと思いました。
2年生の分数を我流でやって失敗しました。
もう少し、早くこの講座があれば、
少しは良い授業ができたと思います。

C
渡辺先生のクラスを見て、「うらやましい。」
と思いました。
決して今のクラスが荒れているわけではなく、
悪いクラスでもない(と思う)のですが。
自分たちが「レベルアップした」と自覚できるクラス
明るい雰囲気のクラスにあこがれを感じました。
今、6年担任です。
あの姿に少しでも、近づけるよう
「明日からまたがんばろう!」と思えました。

D
久しぶりに参加させていただき、新しいことを
たくさん知ることができて嬉しいです。
後半戦、がんばります。

5 次回、冬TOSSデーは、

1月27日(金)
18時30分〜20時30分
@県民センター301

となっています。

サークル員、一同お待ちしています。
21:36 | 編集

2011年10月11日

10月8日(土)例会報告

10月8日(土)の例会報告をします。
10月8日(土)労働プラザ
 15時〜18時
参加者(敬称略):渡辺喜男、佐々木誠、佐藤文香、小川幸一、武田晃治、村田淳、大門貴之、緒方理子、森本麻美、高橋優、松永忠弘、佐藤良平、清水康弘、田丸義明、大石哲久、川口里佳、千葉美和、山崎克洋、中宿久恵、本多崇敏(懇親会から参加) 計:20名
1.大石哲久
斉藤一人さんのお弟子さんである永松茂久の話
フォーリング(人差し指と親指を付けた形)(どのような形か分からない方:写真の添付あります)フォーリングが離れないようにします。(他の方に外そうしてもらう)まずは、「人のため」「人のため」と思って、離れないようにします。つぎに、「自分のため」「自分のため」と思います。さて、離れないのはどちらでしょうか?・どの組も、結果が同じになり、ちょっとしたアイスブレークになるなと思いました。 神風特攻隊の話 昔の人が頑張ったから、今の日本がある。・内容にハッとしました。
2.川口里佳
体験学習でのお風呂の入り方(体の洗い方)。それぞれの部分を示している絵カードを見ながら 順番に一つひとつ行う。・必ずしも、みんなが同じ順番ではないのではないかとコメントがありました。しかし、教室の中では、みんな同じ順番で練習するというのは、個別級ならではだと思いました。
3.清水康弘
分数.同じ大きさに分けた1つ分を2分の1ということを押さえる内容。
4.渡辺喜男
短縄3分間の映像 300回超え両足で跳べない子もいる中での結果。
5.千葉美和
マットランド 11月7日の校内研究での授業検討・コメントで出ていた「場がめあてになる」ということを改めて気づいた。幼稚部でも運動あそびがあり、今、マット運動を行っている。リーダーになっている先生も「場がめあてになる」ように考えていたのだと今、思う。
6.森本麻美
あたまとりあそび(ふしづくり) 映像・ふしづくりがワーキングメモリーを増やすことに繋がることを初めて知りました。まだまだ知らない実践が沢山あると感じました。
7.田丸義明
学級紹介、暗唱 映像・暗唱の仕方にも様々あることを映像から知りました。
8.高橋優
長縄、学級通信を読んでいる所 映像4年生の時の長縄大会の映像最後に達成できること。子ども同士が抱き合うことができることが大切。・そういう部分を学べるのが、学校なのだろうと思いました。淡々と、声を落として読む。かっこ良く。・教師の演出が大事だと感じました。
9.渡辺喜男
前期最終日での子どもの感想(指名なし発表)スピーチになると全員が言う。条件をつけたスピーチをさせている。ありがとうと最後に言う。・今までの積み重なりの指導が、確実に子どもに入っているのが分かりました。
10.武田晃治
静夜思 李白・最初と最後で読み方が変わっているのが、すごいと思いました。子どもが読んだら、もっと違いが出るのではないかと思いました。
11.武田晃治
 速さ(面積図)・単位の変換の方につまづきがあると武田先生が言った時、他の先生方がうなずいていたのが、印象的でした。

12.佐藤文香
英会話.魚、金魚、鯰(なまず)、鰈(カレイ)、河豚(ふぐ)、海星(ヒトデ)、海月(クラゲ)・フィッシュがついている単語をこれだけ探されたのが、すごいなぁと思いました。自分もきちんと教材研究をしなくてはと思いました。
13.山崎克洋
ちょっかいを出す子への対応・イメージがないと対応策も考えつかないので、サークルで検討することの意味を改めて感じました。
14.山崎克洋
目を使った慣用句・慣用句は大人でもなかなか浮かばないものだと思います。例示の大切さを感じました。
15.本多崇敏
3年生 述語.先生の動作に形容詞や副詞をつける組み立て・どのような文章にするかが、述語の授業の鍵だと思いました。

久しぶりのサークル、とっても濃い内容でした。今週の金曜日はいよいよ秋のTOSSデーです。
フォーリング01.gif
19:32 | 編集