2016年07月24日

TOSS横浜季刊誌「いぶき」NO.29 2016 SUMMER発送!

TOSS横浜では、年3回(夏、秋、冬)、サークルミニ冊子「いぶき」を発行しております。
本日、2016年TOSS横浜主催春の教え方セミナーに参加された皆様に、「いぶき」NO.29 2016 SUMMER をお送りいたしました。

特集1は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏休み明け、再スタート! シルバーの3日間をこうする!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
です。
1学期、「うまくいった先生」も、「うまくいかなかった先生」も、2学期改めてよいスタートを切りたいものです。そのためのポイントをサークル員がTOSSで学んだことや自身の経験から書きました!

特集2は、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本気で授業改善! ここをこうする!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
です。
日本の教師の勤務時間は世界最長というデータが出ています。
日々の授業の準備、丸付け、行事の準備や報告書、校務分掌・・・に追われ、なかなか授業力を身につける時間もないのが現実ではないでしょうか。
それでも、やっぱり子どもたちのために、自分のために、授業改善は常に行っていきたいものです。
そのために具体的にどのようにすればよいのかについて書いています!

ぜひお手に取っていただき、2学期からの先生方のお役に立てれば嬉しいです。

「いぶき」NO.29 2016 SUMMER

巻頭言 「ブライト・スポット」を見つけよう/渡辺 喜男

特集1 夏休み明け、再スタート! シルバーの3日間をこうする!

子どもたちにこんなことを話そう!/田丸 義明
アドバルーンを見逃さない/大石 哲久
改善事項と確認事項はリミットを決める/山崎 克洋
仕込みは夏から! シルバーの3日間のための準備はこれだ!/内海 里美
適切な時期の「メンテナンス」が、子どもの良さの再発見につながる/水本 和希
「黄金の3日間」の指導事項をもとに検討する/緒方 理子
夏休みの過ごし方で勝負は決まる/小林 聡太

特集2 本気で授業改善! ここをこうする!

「授業の腕を上げる法則」を読み、その通りにやってみる/松木 康将
発問+指示=授業の安定/大門 貴之
すぐれた教育技術は、すぐれた思想にもとづいている/高橋 優
プチ修行 授業開始1分間の録音で無駄チェック/平 眞由美
空き時間に先輩の先生の授業を見に行く/杉本 大樹
意を決すること/佐々木 誠

あとがき 安易に揃える傾向に対する疑問 その2/佐々木 誠
16:50 | 編集

2016年07月10日

五色百人一首教室in日枝小キッズクラブ実施報告



1、日時:28年7月9日(土)10時〜11時

2、場所:日枝小学校放課後キッズクラブ

3、参加児童:11名

4、スタッフ:4名

5、内容
   @チャレラン「片足立ち」
   Aチャレラン「紙ちぎり」
  Bことわざカルタ
   C五色百人一首 黄色

6、感想
○子ども
・ 百人一首が前は苦手だったけれど、今日、先生のおかげで少し分かるようになって
  うれしかったです。(2年女子)

・ 百人一首は最初はあまりとくいではなかったけど、今日、とくいになりました。
紙ちぎりは初めてで、あまり長くちぎれなかったから、おうちでもいっぱいれんしゅうしていみます。とても楽しかったです。(2年 女子)

・ 百人一首が楽しかったです。(3年女子)

・ 知らないことも楽しくできたのでよかったです。
とくにカルタや五色百人一首などが盛り上がっていたのでとてもいいと思いました。
こんどは、しょうぎやいろいろなトランプ遊びもしたいです。(6年 女子)


○キッズクラブスタッフ
・ことわざカルタなら、そうそう子どもに負けないと思いますが、百人一首となると歯が立たないのを痛感させられました。
 昔を思い出して、もう一度、自分もがんばってみようかなと思いました。
 紙ちぎり、これは楽しいだろうなと思いました。
ふだん、紙の使い方が荒れているので、すぐに捨てずにこんなふうに遊ばせるのもありかなと思いました。
09:33 | 編集

2016年07月03日

第3回スペシャリスト講座報告

第3回スペシャリスト講座を以下の日程で行いました。
たくさんの方に来ていただき、ありがとうございました。

1 日時
平成28年7月2日(土)
13:30〜16:15
2 日程
13:30〜14:00
講座1 武田晃治
この授業なら、全員に満足感を与えられる。難しくない国語の単元作りと模擬授業。
講座2 武田晃治
「先生すごい!」授業に味付けをする国語有名教材の教材研究は、これだ。
14:00〜14:15
講座3 水本和希
教員2年目だってここまでできる。授業づくり急成長の秘密を教えます。
14:15〜14:30
講座4 佐藤文香
女教師であることを満喫しよう。女教師であることは、魅力であり特権?なのです。
14:45〜15:00
講座5 清水康弘
これが我が日本の姿だ。誇らしくも、清らかな姿の輪郭線が明確になる。
15:00〜15:30
講座6 諸見 賢
知る人ぞ知る、本場の米国に「マーチング留学」し、世界大会で優勝した第一人者。 本場仕込みの音楽テクニックが、たっぷり示される。
15:45〜16:15
講座7 村野 聡
誰にでもやさしく、愉快で、そして、書くことが上達する、そんな夢のような教材を村野先生が作っています。ぐんぐん作文力が伸びていく姿に、感動です。

3 参加者の感想
・教え方セミナーとは違った講師の皆さんの人格が感じられる講座群に大満足です。その先生の言葉にも説得力があり、この先生がこの言葉を発するからこその「力」だと思いました。
・武田先生のTOSSランドの実践をいつも参考にさせていただいて授業をしています。各教材の豆知識も知ることができ、嬉しかったです。
・水本先生は同年代でありながら、いつもすごいなあと思っていました。やはり、その裏には必死の努力があるのだと実感しました。3年先の稽古を目指します。
・諸見先生の経歴に驚きました。それ以上に、感動したのが、指揮のポイントの数々です。今まで、音楽の得意な先輩にいろいろ教えてもらいましたが、これほどイメージがもてて、具体的なポイントはありませんでした。カルチャーショックです。
・村野先生の4コマ漫画作文、すごかったです。4コマ漫画作文の発展型、雑誌では読んでいましたが、講座として学ばせていただき、よりイメージが具体的になりましtあ。因果律作文、追試いたします。
・佐藤文香先生の女教師講座、今回もまぶしすぎました。女教師は奥が深いです。10年後、20年後に手にもう一つの職を!自分も何か始めたくなりました。
・清水先生の新たな分野への挑戦、問題提起をありがとうございました。教師は北朝鮮の拉致事件の詳細を知っておくべきだと痛感しました。
15:22 | 編集