つらかった1年間をすごしたあなたへ。
楽しい学級をつくるにはコツがあるのです。
customLogo.png TOSS教え方セミナーin横浜
あなたのまちで「教え方」について学べます。
わがまち.jpg
わがまち教え方セミナー

2011年08月23日

2011年8月22日サークル報告

2011年8月22日 サークル報告

18時〜21時 @県民センター304号室

参加者
渡辺喜男先生、佐々木先生、小川先生、高橋優先生、松永先生、本多先生、
森本先生、有賀先生、杉本先生、福井先生、佐藤良平先生、中宿先生、諸見先生、吉岡先生、大石先生、袴田先生、川口先生、平先生、清水先生、内海先生。


「模擬授業」

1.清水先生
「つなみ 被災地の子ども80人の作文集」

2.杉本先生
「合体漢字をつくろう」
初授業!すごい!自作の封筒を持ちこみ、つかみはバッチリでした!

3.吉岡先生
「記念貨幣をデザインしよう」

4.川口先生
「うどん、ケーキ、たこやき食べたい…リズム手遊び」
 追試したい。子どもに食べたいものを考えさせたら、絶対面白い、と思いました。

5.袴田先生
「当番係活動のメンテナンス」
久しぶりに前に立たれたとのことですが、声の通りはさすがです。参加者にどんな当番をつくったか、聞かれるようです。サークル員の先生方は、当然、面白い当番ありますよね。

6.佐藤良平先生
「わたしと小鳥とすずと」
音読、暗唱、一字読解の流れでした。「みんなとは誰のことですか」で討論をねらわれていました。第一声が力強くなったと思います。


7.松永先生
「ペーパーカー」

8.中宿先生
「一画足して別の漢字をつくろう」
あと3こ、書き足せる人?…など書かせた後の展開が上手くなったなぁと思いました。
声の通りはさすが!聞きやすいです。


9.高橋優先生
「点字の授業」

「イベント」
モノ(ダーツ)を用意されたのはよかったです。
ダーツの旅…当番活動を頑張った子を労うネタです。
頑張った子にダーツをさせて、当たったところに書いてある褒め方を実施してあげるというものです。
例えば、(クラス中から)大拍手、とかです。
低学年向けですね。

10.大石先生
「運動会の際の学級経営」
物静かなのですが、クラスをまとめていきたいという気持ちが伝わってくる講座でした。名簿をもつ…全員褒める、という覚悟を感じました。

11.田丸先生
「ソーシャルスキルカルタ」
「ギュッギュッギュッ」の男の子の映像で何もかも、もってかれますね。
映像の力はすごいです。

「産業テキストをつかって、輸入貿易の現状を教える授業」


レポート
1.佐々木先生
「クラスをメンテナンス!」
夏休み明け、最初の指示を通す…教師の夏休み気分をどのように一掃するか、勉強になりました。

「2011/11/23 神奈川ML会 企画案」
神奈川の高段者の先生の授業あり、検定あり、盛り沢山の内容です。

「災害ボランティアに参加して」
湊小学校に行かれたそうです。一つの集落の側溝が『復旧』するとはどういうことか、が分かります。

2.清水先生
「2012/1/27 冬tossデープロット」

3.平先生
「2012/1/22(仮) 柏道場との授業対決 企画案」
柏に出向くことになりました。時間・場所は先方の都合に合わせるそうです。
異文化交流、楽しみです。

「外国語活動について」

4.森本先生
「TFT(つぼトントン)の報告」

「キッズクラブ大人向け講座を終えて」


22:04 | 編集