つらかった1年間をすごしたあなたへ。
楽しい学級をつくるにはコツがあるのです。
customLogo.png TOSS教え方セミナーin横浜
あなたのまちで「教え方」について学べます。
わがまち.jpg
わがまち教え方セミナー

2011年09月11日

9月10日(土) サークル報告

9月10日(土) 16:00〜19:00

かながわ県民センター301号室



出席者(敬称略)  17名

渡辺 佐藤文香 武田 森本 大門 川口

本多 郄橋智美 郄橋優 大石 佐藤良平  

山崎 中宿 橋本 山口悠 内海 佐々木





1、佐々木 模擬授業 4年算数 「計算のきまり」

1500÷300の計算を、わり算の決まりを使って解く問題です。

今年度から、他の問題も入れて教科書1ページを0.5時間扱いになりました。

この問題を、どのようにスムーズに教えていくかを検討しました。



2、大門  レポート 来年度のTOSSデープロット

毎年大門先生がこの時期からTOSSデーの準備を初めてくださっています。

10月からの会場予約が、次の大きな仕事です。



3、川口  レポート 個別支援TOSSデープロット

今までにやってきた講座とは違ったプロットが提案されました。

胡べす担当経験の方の意見を加えて、内容をつめていきましょう。



4、山崎  レポート 「谷先生の立ち位置」

原稿として書かれたレポートですが、これ超貴重な情報です。

アンダーライン、引きまくりました。



5、森本  レポート 「宮尾Drとの研究会報告」

これもまた、超貴重な情報です。昨日のサークルに参加して良かったと

思えるレポートです。



6、水本  模擬授業 「メディアリテラシー」

学生インカレ用の模擬授業の検討でした。

授業の組み立てのほか、発問指示の声の明瞭さも指摘されました。

しかし、大学2年生の授業。素晴らしいです。

TOSS横浜のあと、学生サークル「横国フォレスト」にも行ったそうです。



7、武田  模擬授業  国語 詩「冬の星座」

10月の小野先生講座でやる模擬授業の検討でした。

授業内容はもちろんですが、小野先生の子役にどう対応するか、

そこが重要になります。

反抗する子にどのように対応するか、

これからも、具体的に検討していきましょう。



8、大石  模擬授業 国語「大造じいさんとガン」

「中心人物はだれですか」という問いを使って、

討論の授業にするためのポイントを検討しました。

色々な意見が出ましたが、2次会での代案が一番素晴らしかったです!



9、佐藤良平 模擬授業 国語「お」

授業者の対応でなく、授業の中身であれだけ笑いを取ったのは、

多分この授業がTOSS横浜初ではないでしょうか?

組み立てを変えれば、すっきりした授業になりそうです。



10、郄橋智美 画像レポート 「個別支援級の教室」

小さな工夫が紹介されました。

ぜひ資料として欲しいと思いました。



11、本多  授業VTR 算数

音声が聞こえなかったので、再度サークルにもってくることになりました。

昨日は、「子どもを見ていない」という指摘が出ました。



12.佐藤良平 レポート 「ふれあい囲碁」

校内で開かれたふれあい囲碁の報告でした。

碁石を花紙を使って用意するのは、なかなかの工夫だと思いました。



13、佐藤文香 レポート「夏休みどうよ!」

タイトルからして文香先生らしい。

しかし爆笑の中に、子どもへの優しい配慮がちりばめられているのも、

やはり文香先生らしい実践です。



14、橋本  レポート 

内容は・・・チョーレアなものなので、

秘密です。
17:04 | 編集