2013年10月14日

セミナー報告 第5回特別支援対応力講座 小野隆行in横浜

清水康弘です。

第5回特別支援対応力講座 小野隆行in横浜を開催いたしました。

toss以外の方々(学生、保護者、tossはじめての先生)にも多数、ご参加いただきました。


ありがたいです。

本講座を続けているのは、小野先生の特別支援対応を我々以外の方々にもお伝えしていきたい、
という一心からです。

少しずつ、参加者の層が拡大していること、嬉しく思います。


以下、ご報告いたします。

1.日時 2013年10月13日(日)12:30〜16:30

2.主催 TOSS横浜

3.場所 横浜市スポーツ医科学センター

4.講師 小野隆行氏

5.内容

1. こうすればよかったのか!VTRクリニック VTR5分+解説5分×3

2. THE マネージメント プロの特別支援コーディネーターが築く校内組織 30分

3. 子役付き模擬授業 授業7分+解説5分で12分×4本

・授業に関係ない発言を繰り返す子

・間違えると落ち込んで授業に取り組まない子

・自分の考えにこだわりすぎる子

・落ち着きがなく、周りの子にちょっかいをだす子

4. 演習講座 小野先生が明かす!特別支援に対応したTOSS教材ユースウェア

5. 小野先生への子役付き授業

6. QA 30 16:00〜16:30


以下、参加者の皆様からの感想です。

2年目 男性
なぜ話してしまうのかが脳の神経回路によるものということが分かり、とても勉強になりました。
集中させる方法や発達障害の子が満足できる方法を示していただけたので、分かりやすかったです。


保護者 女性
保護者の立場で参加させていただき、2回目です。先生のお話は親にとってもとても勉強になります。
日々、大変な状況にある子どもですが、精一杯支えていきたいと思います。
次回、また参加させていただく機会をつくっていただきたいと思います。
昨年のような子供同士のケンカなどSSTの場面も指導実例として取り上げていただけるとありがたいと思います。


男性
本日は、ありがとうございました。
小野先生が子役の模擬授業を拝見し、特別な支援を要する子どもを巻き込む授業を展開していく難しさを感じました。
授業されている先生方の対応やその解説などから理解できる部分がたくさんありましたが、
実際の教室で自分がどういう状況になった時、対応できる自信がありません。
本やセミナーなどに参加し、また経験を通して自分自身の技量を高めていきたいと思います。
大変勉強になりました。


保護者 女性
私は、教育者ではありませんが、とても勉強になりました。
授業だけでなく、普段のコミュニケーション、相互理解という点で非常に勉強になりますし、必要なことであると思います。
また先生方の熱心な授業に対する取り組み、姿勢、影の努力に敬服いたしました。
ありがとうございました。

20年目 女性
小野先生の講座は今回で3回目になります。
毎回、とても参考になり、ほんとうに少しずつですが、対応の仕方がわかってきました。
特別支援を要する児童が多くなってきている今、他の教職員にも、この内容を広められたらいいのになと思います。

33年目 女性
VTRや子役付きの授業、とても勉強になりました。
すかさず、褒める! 褒めて巻き込む力を付けたいです。
対応の仕方は本当に難しいですが、目の前の子から学びながら、対応力をつけていきたいと思います。
校内で小野先生と共にミニ研修ができる先生方がうらやましいです。
「特別支援便り」ありがとうございます。読み込みます。
”子どもも自分も幸せになれるように” いい言葉です。
とても学びの多いセミナーでした。ありがとうございました。
19:54 | 編集