2014年01月19日

2014 冬の教え方セミナー開催しました

2014 冬の教え方セミナー
盛会にて終了しました。
参加してくださった皆様、ありがとうございました。
1 日時
2013年1月17日(金) 18:30〜20:40
2 会場
かながわ県民センター
3 参加者 52名
4 講座内容
【テーマ】
「このクラスでよかった」
 最高の 修了式・卒業式を迎えるための準備を一緒にしませんか
記憶に残る 学年末講座
第1講座 隙間時間にもできる 教室レク【武田】
第2講座  学年末を快適に過ごすための仕事術【佐藤】
第3講座 授業の名人から学んだ学級経営のポイント【田丸】
第4講座 「先生のクラスでよかった」記憶に残るドラマ【橋本】
第5講座  3学期だからこそやりたい 心に残る授業
      低学年 【大門】(生活科・親守詩)
      中学年 【諸見】(道徳)
      高学年 【大石】(道徳)
      高学年 【小川】(国語)
      高学年 【武田】(領土の授業)
第6講座  卒業に向けての心構え【佐々木】
第7講座 「先生ありがとう」最高の別れを迎えるための準備【渡辺】
第8講座  何でも答えますQ&A 
5 アンケートより
とても参考になりました。
学年末・卒業式に向けて、パワーをもらいました。
残り43日、子どもたちとともに楽しい時間を過ごせるように心磨いて感張りたいと思います。
学年ごとにこの時期だからこそ伝えていける内容をしることができ、大変勉強になりました。
今回学んだことを実際にやっていきたいと思いました。
別れの演出・ドラマを作りたいという思いがあっても、実際にどうすればいいか、手立てを知らなければできないことです。こうした講座を開いてくださって感謝です。
お忙しい中、たくさんの資料・講座をありがとうございました。コンテンツもいただけるとのこと、とてもありがたいです。
6年担任なので、佐々木先生と武田先生の領土の授業がとても心に残りました。本当にありがとうございました。
講座を開いてくださり、ありがとうございました。参加させていただき、たいへん勉強になりました。
今年度もあと2ヶ月ほどですが、先生のクラスでよかったと児童・保護者に言ってもらえるよう、頑張りたいと思いました。
MLで教えていただいた「水曜アンカーの青山さん」にはまって、毎回見ています。
態度の指導、したいと思います。
カウントダウンカレンダー、作ります!
あと3ヶ月。もうひと盛り上げしたいので、参加させていただきました。
いかだゲームとカウントダウンカレンダーにまず挑戦したいと思います。ありがとうございました。
領土の授業、歴史の流れが児童に分かりやすく描かれていて素晴らしいと思いました。
武田先生の領土の授業は自分の無知を恥ずかしく思うと共に、とても勉強になりました。日本人として大人も子どもも知るべきだと思いました。まずは、大人が正しい知識を知るべきだと思いました。
佐々木先生の語りも素晴らしかったです。「思い出」という言葉の一人歩き、本校でもその通りです。見守るだけでなく、適切な指導が必要なのだと改めて教えていただきました。ありがとうございました。
各講座の先生方の表情、目線、声の張りを実際にライブで感じ取ることができるので、大きな学びになります。
佐々木先生、渡辺先生の別れの演出は、とても学びになりました。
命のバトンや本多選手の授業、北方領土の授業が特に良さそうだと思いました。よい授業を見ることができ、よかったです。ありがとうございました。
子どもが笑顔になる楽しくなる内容ばかりでした。学年末を快適に過ごす仕事術やカウントダウンカレンダーなど、すぐ実践したいと思いました。ありがとうございました。
生活科の導入として、今日の講座の「大きくなったわたし」を行いたいと思う。
修了式に向けて、カウントダウンカレンダーを作成し、別れを演出していきたいなと思った。
学年末に向けて、気持ちが引き締まりました。
別れに向けての教師としての心構えや子どもへの語り、仕事術、準備していくことなど具体的に知ることができました。実際に生かしていきます。ありがとうございました。
【第1講座】武田先生が紹介してくださった係活動、どれも楽しかったです。来週、やります。まずはいかだゲームです。
【第2講座】仕事術、「4時までにすべての…」とおっしゃっていて驚きでした。考えたことがありませんでした。
【第3講座】当番表がないということで、驚きました。そこまで子どもたちができるんだなと思いました。趣意説明、大事にしていきたいです。
【第4講座】映像がとてもおもしろかったです。「いかなるときも笑顔」できていないです。
【第5講座】心に残りすぎました。どれも感動です。心からありがとうございます。
【第6講座】学年集会で子どもたちに話す言葉が印象的でした。
【第7講座】カウントダウンカレンダーの具体的な書き方が分かりました。本当にありがとうございました。
07:01 | 編集