つらかった1年間をすごしたあなたへ。
楽しい学級をつくるにはコツがあるのです。
customLogo.png TOSS教え方セミナーin横浜
あなたのまちで「教え方」について学べます。
わがまち.jpg
わがまち教え方セミナー

2014年06月10日

【報告】石坂先生セミ?ナーin神奈川

石坂陽先生を石川県よりお招きし、

セミナーを開催致しました。



参加者、事務局サークル員共に、

大満足のセミナーとなりました。

報告致します。

石坂陽氏に学ぶ向山型学級経営&授業づくり

『一歩でもより高い峰へ、6月からの勝負』



日程・場所

2014.6.8.(日)



講座11時〜14時40分

@医科学センター(新横浜 日産スタジアム内)



講座内容

第1講座 石坂学級の子どもの事実

第2講座 向山型×向山型の漢字指導

第3講座 算数指導〜脳科学内に見た有効指導〜



第4講座 高学年女子への対応

第5講座 笑いに包まれる裏文化

第6講座 横浜サークル員による石坂実践分析

学級参観編、趣旨説明編、学級通信編



第7講座 石坂学級を創り出した教師修業

第8講座 模擬授業

第9講座 トークライン紹介 QandA



参加者の感想



@

全ての講座が大きな学びとなりました。

昨年クラスがうまくいかず、「教えてほめる」について改めて考えました。

やる気を引き出すこと、しつこくほめること、

意識していきます。

漢字指導、算数の教科書指導では、細かいところまで取り上げて頂きました。

高学年女子への対応、その通りだと思いました。日記の内容とは関係なくても、

ほめることが、女子の中にもたまっていくのだと思いました。

しつこくしつこくほめること、今まで、とても出来ていなかったと思いました。

今回伺った6つの方法を明日から追試します。

本日はありがとうございました。



A

石坂先生のほめると自分のほめるは全く違っていたことに気付きました。

ほめ言葉がものすごく長く、これだったら、子どももほめてもらいたくなるだろうなと思いました。

また、直接ほめる、通信でほめる、賞状でほめるなど、内容だけではなく回数も

すごいと感じました。

今後はもっとほめていこうと思いました。

また、スピーチや討論の発言など、毎日の発表の積み重ねが大切だということに

改めて気付かされました。

漢字スキルの指導、我流の多さに気付きました

明日から改善します。



B初めて石坂先生のセミナーに参加しました。第一に石坂先生の誠実なお人柄に

感動しました。

お話もとても聴きやすく、分かりやすかったです。

1 しつこく

石坂先生の指導はとにかく丁寧です。良い意味でのしつこさ、自分に足りなかった部分です。このお話を聴けただけでも価値がありました。朝の歌についても、考え方次第で意味が、その価値が変わると感じました。

2 短いスパン

‘教えて褒める’の間に、「短いスパンで」という言葉を入れる。すごい学びでした。ほめた後、翌日に同じことを聞く、お楽しみ会を一週間後に行う、算数で学習したページをその日のうちに復習させる。全て短いスパンでした。

3 アウトプット

「アウトプットさせることで長期記憶にする」、このこともまた大きな学びでした。漢字だけではなく、お楽しみ会先生がやったことを自分たちでやってみる、良い行動(電気を付ける、窓を開ける)を見て、今度は自分でやってみる、こういったこともアウトプットになっているのだと感じました。

石坂先生、そして大石先生を始めとする事務局の先生方、本当に素晴らしいセミナーをありがとうございました。熱を頂きました。



C大石先生よりご案内を頂き参加いたしました。

石坂先生のセミナーに初めて参加出来るということで、わくわくして来ました。最初のスピーチの映像、なぜあの様な長い長いスピーチが出来るのか圧倒されました。

話し方、口調が石坂先生に似ていることからも、石坂先生が範となっていること、その存在の大きさに驚かされました。

「短いスパンでほめる」ということ、「明日も聞くからね。」という仕組み、全てが具体的で明日から自分の学級に取り入れようと思いました。石坂先生の褒め言葉で印象的だったことは、趣意説明とセットになっていることです。「みんなのためになっている。」、「○○くんのおかでだ。」などと自尊感情が高まる声かけでした。

漢字指導では、その1つ1つのパーツの意味を自分が説明出来るまでにならなければならないと思いました。石坂先生の首位説明は分かりやすく、すっと入ってきました。

石坂先生のお話をたっぷり聞けた1日、幸せでした。サークルメンバーである弟と本日は参加いたしました。サークルジャンプでも今日の学びを広げていきます。

最高の学びの1日となりました。大石先生をはじめ事務局の先生、そして石坂先生、ありがとうございました。



以上となります。
22:23 | 編集