秋の教え方セミナー
全員参加「国語授業」+α算数 教え方セミナー 〜あなたが望んでいた「全員参加の国語授業」+思わずやりたい「算数のトピック教材」〜
〜楽しく・笑顔で・乗り切ろう!!〜
平成29年11月18日(土)13:00〜15:30(受付12:40〜)
場所 水晶院会議室(鶴見駅西口徒歩5分)
申し込みはこちら

2014年11月29日

11/29 ジュニア脳トレ士養成講座in日枝小キッズ企画実施報告

1、日時:11月29日(土) 午前の部:10〜11時半 午後の部 13時10分〜14時 

2、場所:日枝小学校放課後キッズクラブ 

3、参加者:午前の部(ジュニアリーダー) 5名

      午後の部          16名   

4、スタッフ:渡辺、佐々木、中濱、森本 

5、プロット

[午前]
 @『ブックレット』活用講座(対象:3年生以上)

  (1)コミュニティー脳トレ士って何?(5分)渡辺

  (2)教え方5(ファイブ)で、ミニ先生になろう(5分)佐々木

        ♪休憩♪

  (3)ザ☆ブックレット活用術

     1、チャレラン「紙ちぎり」「のの字さがし」(20分)森本

     2、アタマ元気どこどこ(10分)中濱

        ♪休憩♪

     3、五色百人一首(30分) 佐々木

     4、ふれあい囲碁(30分) 渡辺    


[午後]

 Aお兄さん、お姉さんと脳トレであそぼう(40分)

  1、低学年とペアまたはグループを組み、「ブックレット」を使って遊ぶ。

  2、合格判定試験(佐々木)

  3、3年生以上に認定証、1、2年生に受講証を渡す。(渡辺)

  4、記念撮影

  5、アンケート



※ 終了後、その場でキッズの方と反省会(15分)



6、子どもたちの感想

@ジュニアリーダー

☆1 ジュニアリーダー養成講座に 参加しようと思ったのは、なぜですか。

○ おしえるのが おもしろうそうだったから。(3年 女子)

○おもしろそうだったから。(3年 女子)

○やりたかったから。(3年 男子)

○ やってみたかったから。(3年 男子)

○ たのしそうだったから。(3年 女子)



☆2、参加してみていかがでしたか。

○さいしょ、自分でやったときはあまりできなかったけど、教えてみてちゃんとできてよかったです。(3年 女子)

○脳をきたえられたし、いいしょうびになりました。(3年 女子)

○とてもたのしかった。(3年 男子)



A午後の講座 参加者

☆1 またやりたいですか。

 @やりたい 9人 Aできればやりたい 2人 Bやりたくない 0人

☆2 じゆうに かんそうをかいてください。

○「の」をさがすのがたのしかったです。(2年 女子)

○かみちぎりがたのしかった。(1年 男子)

○わたしは、ちりがみで100cmいけたので、うれしかったです。(2年 女子)

○かみちぎりが またやりたいです。(4年 女子)

○いごで1回だけど、かててうれしかったです。(1年 女子)

○つぎのこれを3年になってもやりたいです。(2年 女子)

きょうは だいひょうでしょうじょをもらって うれしかったです。またやりたいです。(4年 男子)

○ かててうれしかった。(3年 男子)

○ 百人一首があって、うれしかった。(3年 女子)



7、キッズクラブスタッフの方のご感想

1、日ごろの児童対応でお困りのことがありますか。あればご記入ください。

○リーダーシップがとれる子から1回の言葉がけでは理解できない子まで様々いますが、子どもの任せてほしい、もっとやりたいという子どもの思いにどう応じていこうか、場や仕組みづくりの事例がほしいです。(O.H.)

○もう少し異学年で「群れで遊ぶ」場がほしいなと感じています。(O.H.)

○子どもと関わる時に否定語が多くなってしまうこと。(K.I.)

○障害のある子どもに対し、どこまでみんなと一緒に行動し、どこから個別対応にするか難しい。(K.I.)

○ 自分自身について、子どもたちに対応する時に、一定の気持ちで接しなければいけないと思っていますが、なかなか思うようにできないことが多いです。

○ 個々にあった対応の仕方がまだまだむずかしいです。



2、本日のプログラムのご感想をご自由にお書き下さい。

○普段から地域への参画やイベント企画などに3年生はよく参加していますが、下の学年の子たちと意識的にまざる場面がなかったので、良い機会になりました。(O.H.)

○リーダーとなった子どもたちが、はきはきと他のお友達にゲームのやり方を教えているのを見て驚きました。スタッフの方の声かけやタイミング、言葉づかいもとても勉強になりました。(K.I.)

○子どもたちに対応する姿がとてもおだやかで、笑顔を絶やさず、すごいと思いました。

いつもの子どもたちの姿とは違って、前向きに見えました。

子どもたちを「おだやかに」対応している姿が、また子どもたちが「しぜん」と行動ができる空気の中でいろいろとできるのだと感じました。

 上の子どもが下の子どもをひっぱっていく、すばらしいことだと思います。
16:14 | 編集