2017年07月17日

第5回スペシャリストセミナー 開催いたしました

第5回スペシャリストセミナーを開催いたしました。

盛況にて終えることができました。
ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・

日時 7月8日(土)
13:30〜16:15
会場 波止場会館 5階多目的ホール
内容
レクリエーションのスペシャリスト 川口里佳
「クラスの子がどんどん笑顔になっていくレクネタ」

がむしゃら教師修業のスペシャリスト 村上諒
「伸び盛り一番。がむしゃら教師修行を公開」

国語授業のスペシャリスト 田丸義明
「文学教材 子ども自らが授業を組み立てる授業システムづくり」

学級経営のスペシャリスト 橋本信介
「どんな子だって受け入れる、ストライクゾーンの広い学級経営のポイント」

歴史授業のスペシャリスト 小川幸一
「新次元 子どもがガツンと頷く 6年歴史授業の新たな展開」

授業づくりのスペシャリスト 村野聡
「オールジャンル対応 楽しく賢くなる授業づくり」

感想(抜粋)
◯本日はみなさんのとんがった部分を拝見することができて大変勉強になりました。今回が最後でしたが、5回すべて参加してきました。今まで、スペシャリストで学んできて思ったことは、どの教師も意識をもって記録し、さらに探究していく。その姿勢があれば、とんがった分野をつくることができるということです。

◯得意なものをおもちの先生方の尖った部分を見ることができて、とても楽しかったです。村野先生の聖火ランナーの授業がドラマチックで引き込まれました。8月6日から入り、8月6日に戻ってくる組み立てが学びになりました。小川先生の織田信長の授業、うなりました。教科書から「なんで?」「本当?」という考えをもつことができてすごいです。田丸先生の国語で子どもの意見をABCに分けるというのは、月曜からすぐ使ってみたいです。橋本学級の伸び伸びとした姿にあこがれます。“信じて任せる”“ピンチはチャンスだ”という話が勉強になりました。皆さんありがとうございました。

◯第一講座のレクでは、色々なゲーム、やり方がありとても勉強になりました。学校でできるように自分でも技を磨いていきたいです。第二講座では、村上先生のがむしゃらさが際立ち、笑いが込み上げてきました。第三講座の国語の授業では、教材研究のやり方や子どもの思考を作るやり方がとても勉強になりました。第四講座の学級経営は、クラスの全員を生かすやり方がとても勉強になりました。第五講座の社会科は小川先生の知識の深さを改めて感じました。最後の村野先生の授業はさすが!としか言いようがありません。どれも引き込まれました。

◯本日の講師をされた先生方のような「とんがったエリア」があるとすばらしいな(うらやましい)と思いました。中でも、橋本先生の学級経営は圧巻でした。あのような懐の広さを身につけたいと思いました。また、参加させてください。ありがとうございました。

◯様々な種類の講座を受けることができてよかったです。つい最近、TOSSのことを知ったので、また学ばせて頂けたらと思います。今年度、本校で国語が研究で、「話し合いを通して深める」もテーマになっているので、教えていただいたものを使いたいと思います。ありがとうございました。人と会うことを、私も意識して行っていきたいと思います。オリパラ、何をどうかつようすればいいのか分からなかったのでとても参考になりました。

◯川口先生のレクをいくつか見て、自然と笑顔になりました。レクのもつ力を、学級で追試します。田丸先生の国語の授業の組み立て方が面白かったです。毎回決まっているから、子どもが安心する。自然と話し合い活動にもっているのだと思いました。追試します。村野先生のオリンピックの授業は、聖火のことについて楽しく学ぶことができました。私もコンテンツを活用して、授業をしてみたいです。今回は、たくさんの先生から学ぶことができました
08:23 | 編集