春の教え方セミナー
「1年間苦しかった。」
それは、ちょっとした技術で回避できたかも。
試しに覗いてみませんか。横浜の教え方セミナー
くわしくはこちら

2019年02月24日

教材活用法&授業づくりセミナー報告

1 セミナータイトル

教材活用法&授業づくりセミナー

2 日時・会場

2019年2月23日(土)13:00〜16:00
フォーラム南太田

3 講座内容

【第1講座】ユースウェアとは?

【第2講座】教材・教具活用解説編 国語・算数・理科・社会・家庭科・保健

【第3講座】プロフェッショナル、使う道具もプロ仕様目利きが教える教材選びのポイント講座

【第4講座】 QA講座

4 参加者の感想(抜粋)

・教材教具の選択は、医者が薬を選ぶことと同じだという小野先生の主張がガツンと入りました。教師はプロとして、教材の良し悪しを判断できなくてはいけないと思いました。加えて、ユースウェア(使い方)を学ばなければ、効果が少ないことにも注意して、正しい使い方を身に付けたいと思いました。教材採択時の戦略(第三者の言葉を借りるなど)も教えていただいたことを生かして、自分の望む教材を使えるように工夫していきます。お二人の掛け合いがとても面白く、講座の内容も充実しており、大変、有意義な時間でした。また参加させてください。本日はありがとうございました。(3年目・男性)

・ユースウェアセミナーは毎年1回参加させていただいています。毎回1年経つと忘れているな、あ、そうだったなど確認ができてありがたいです。今回はさらに桜木先生、小野先生のアレンジや工夫なども教えていただいたり、色々なことの最新情報を知らせていただいたりとても学習になりました。午前・午後とも時間が経つのがとても早く感じる楽しいものでした。眠くなることなんてなくいつもTOSSのセミナーってすごいなと思います。また勉強させてください。ありがとうございました。(17年目・女性)

・テスト・ノート、資料集と1年間使っていくものは、改めて吟味して選んでいかなければと思いました。フラッシュカードもぜひ活用していきたいと思います。(1年目・男性)

・普段使っている教材への意識が変わりました。教師にとって教材をどんな視点で選び、どう活用するか、プロであるならそこにこだわることも大切だと感じました。またその道具を使って何をねらいたいのか、よく考えて採択したいと思います。学年集団で、よさを共通理解できるように、どう話していくといいかも大切で、勉強になりました。(22年目・女性)


18:35 | 編集


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。